将来アパレル業界で働きたい!業界の厳しさを現役営業マンが教えます



こんにちは!


中小企業診断士で将来のアパレルを背負って立つはずのアパレル営業マン、ことまです。

こっさんと呼んでください。

  • 服が好きで将来アパレル業界で働きたいと思っている
  • アパレル仕事の何が魅力で何が楽しくて嫌なのかを聞きたい!
  • アパレル業界は厳しいって聞くけど、本当か詳しい人に教えて欲しい!



以上のアパレル業界話に興味があるあなたに今回の記事を読んでいただきたいと思います。


「将来、アパレル業界で働きたい!」


いい響きですよね。

初々しいですよね。。


私にも過去、そんな時期がありました。


おめぇの過去なんか興味ねぇんだよ!
おっさんがしゃしゃり出てくんな、ボケ!

先日の記事でみっちゃんにボロクソ言われたから、いきなり不機嫌なこっちゃんでしゅ。

この小心者のダボハゼが。。
あんたみたいなクソこそ、アパレル業界から出ていきなさいよ。

前回は虫けらで今回はダボハゼ~。




でも、入社前って会社のことはもちろんですが、アパレル業界がどんな感じなのかも心配ですよね。


テレビドラマみたいに華やかなのか?

それとも噂通り、過酷な世界なのか?


気になると思います!

ということで今回は、

  • アパレル業界の仕事の魅力とは?何が楽しくて嫌なのか
  • アパレル業界の厳しさを現役営業マンが教えます!



以上の内容をアパレル業界歴20年以上の「私」がお伝えしますね!

お前か~い。

もう、こっさんの話は聞き飽きたでしゅよ。。



。。。


いいじゃない、私のブログなんだから。。


アパレル業界の仕事の魅力とは?何が楽しくて嫌なのか



あなたのアパレル業界のイメージはどんな感じでしょうか?

映画やドラマみたいに綺麗なオフィスでオシャレな人たちが働いているイメージでしょうか。


実際の職場は規模や職種によってかなり違います。

大手アパレルや中小アパレル、職種ではデザイナー、営業、販売等ですね。


私は一部上場会社から10人以下の小規模アパレル会社でも働いたことがあり、販売も営業も企画も経験しています。

その私の個人的な感想になるかもしれませんが、アパレル業界の仕事の魅力は、

アパレル業界は華やかである!



だと私は思っています。

私はずっとレディースなので、メンズだとちょっと違うかもしれませんが、それでもやはり、アパレル業界は華やかなんです。


この華やかさは他の業界を知らない人には分かりにくいかもしれませんが、私はアパレル以外の業界にいたこともありますし、コンサル会社時代には様々な業界や職種を見ました。

色々な世界を見てアパレルに戻って来て感じたのが、華やかさです。


私はアパレルに戻って来た時に「やっぱりアパレルはいいね~!」と思わず感じてしまいました。

なんせ他の業界は男社会ですし、上下関係や人間関係に息苦しさを感じていましたから。


もちろん仕事自体は地味で力仕事も多いのですが、特に販売業だとオシャレな店舗や商業施設内であったり、営業だと展示会、企画にしてもリサーチで様々なオシャレな店に行きますよね。

例えば、他の製造業だと男世界ですし、悪口ではありませんが、かなり職場も地味です。


アパレル業界の華やかさの理由は女性が多いことが挙げられます。


他の業界でも大手の会社は綺麗なので華やかかもしれませんが、業界全体ではアパレル業界には勝てないのではないかと私は考えています。


では次にアパレル業界の楽しさをお話しますね!


アパレル業界の何が楽しいのか?



アパレル業界の何が楽しいのかと言いますと、私の主観になりますが、

  • アパレルの華やかさ
  • 女性、しかも綺麗な人が多い!
  • 綺麗な人たちとコンパができる!
  • オシャレな人が多く刺激的である
  • 社長のノリが若くフランクな人が多い
  • かなり頭がおかしいぐらいの個性的な人が多い
  • 上下関係が厳しくなく他の業界よりも気を使わなくて良い
  • 営業マン同士も仲が良く友達感覚で話ができる
  • ノリが軽く適当なことが多いので仕事ストレスが溜まりにくい
  • イベントが派手でファッションショーにも参加できることもある
  • ファッションモデルに会うこともしばしば 等

まあ当たってることが多いけど、かなりの主観が入ってるな。。

僕もコンパに連れて行って欲しいでしゅ。。




まあ確かに私の主観が入りまくってますが、大方合っていると思いますよ!

ただし、アパレルメーカーやアパレル小売業、しかもレディースに当てはまることであり、アパレル業界全部の会社が当てはまるわけではありません。


例えば古い会社、アパレル生地を取り扱う会社や問屋等の中にはかなり地味な会社もあるので、そこは面接や雰囲気で分かると思います。



私はレディースのアパレルメーカーの営業だったのですが、新規で飛び込み営業をしていた当初は楽しかったです!

なんせ、綺麗なセレクトショップやファッションビルに飛び込むんですよ!?


過去に私がしていたコピー機の飛び込み営業とは全然華やかさが違いますから。(笑)


そして、取引先のバイヤーはちょっと怖いのですが、ショップスタッフ達とは仲良くなれますし、よく昔は一緒に飲みに行ったりコンパもしてました。

いやー、なんせかわいい子が多い!

そりゃそうよ。
アパレル業界は私を筆頭に美人ぞろいだからね。

性格は鬼だけどね。。

あ!?

嘘です。
性格も美人ぞろいでした。。



。。。


そして、オシャレな人が多いんですよね。

特に大手の販売会社になると、もうオシャレしまくり!


中には小汚いおっさんも混ざっているのですが、その人たちはある意味、毎日が大変だと思いました。(笑)


私が特にオシャレだと感じたのはユナイテッドアローズの社員さんです。

過去、よくアローズ本社に行ってバイヤーと商談していたのですが、待合スペースもオシャレですし、迎えに来るバイヤーもオシャレ。

なので、営業マンも無理してオシャレしてましたね。


私だけが一人、小汚い格好でしたが。。(笑)


今は落ちぶれていますが、全盛期のワールド社員もオシャレでしたよ!

会社もビビるぐらい綺麗でしたし豪華でした。


アパレル会社は社長が派手なせいもあり、オシャレな会社が多いんですよね。

なので会社訪問するたび(特に東京)にオシャレな気分にさせていただきました。



また、社員もノリが軽く上下関係にそこまで厳しくないのもアパレルの良いところです。

たぶん社長のノリが軽いというのもあると思いますが、学生の頃の先輩後輩みたいな感じですね。


なので、気軽に相談できますし、イジメなんかはあまり聞かないです。



そしてイベントなんかも華やかですよ。

どこの業界でも展示会はあるのですが、ちょっとノリが違うんですよね。。


私は他の業界、特に機械関係の展示会にはよく行きましたが、もうおっさんだらけ。(笑)

無理やりコンパニオンみたいな女性を立たせているブースもあるのですが、やはりおっさん圧力が強すぎて全体的には地味な印象になります。


一方、アパレルの展示会はレディースの場合、当然女性が多く、お客さんも女性だらけです。

しかもブースもオシャレに着飾っていますし、大きい展示会だとファッションショーやトークショーも行われますから。


私はたまにファッションショーのレセプションにメーカー側として参加させてもらってました。

有名モデルを近くで見ることができましたし、お酒も飲めて華やかな気分に酔いしれましたね。。



他にもいっぱいありますが、このようにアパレル関係は華やかでオシャレな気分になれる業界なのであります!

なので、服好きにはたまらん!と思います。


アパレル業界の嫌なところ



一方でアパレル業界には嫌なところもあります。

あるある。
女性陣に恐ろしい性格の持ち主が多いことかな。。

あ~ん!?

ていうのは嘘っぷ~。

懲りないでしゅね。。




例えば、

  • 女性が多い職場のため女性陣の立場が上なことが多い
  • 全体的に仕事がいい加減
  • アパレル業界全体の給料が安い
  • ブラック社長が多い
  • 人を使い捨てにする社長もいる 等

やっぱり女性陣が怖いってランキングされてんじゃん。

なんだと、このやろー!
頭かち割ったろか!!

ごめんなさい。
ていうか、俺が言ったんじゃないのに。。

流れ弾を3発ほど喰らったでしゅね。。




まあ、女性陣の立場が上なのは私は慣れているので嫌なことではないのですが、嫌な人もいるでしょうね。。

ただ、他業種の男性の立場が強すぎるだけで、女性の地位が高いアパレル業界はある意味健全なのかもしれません。



そしてアパレルの嫌なところは仕事が適当なことが多いことです。

ユニクロとか大手アパレルであればある程度しっかりしているのでしょうが、私が扱っている少し価格が低い商品で小さい専門店のお客さんが多い場合、かなり仕事が適当になります。


信じられないかもしれませんが、納期が遅れることはしょっちゅうですし、商品の間違い(違う色で商品が納品されることや色によって長さが違ったり)はよくある話です。


この前なんか、色によって長さが7㎝も違う商品がありましたし、リピート商品だったのですが、過去からずっと長さが違い放置されていたことが実際に当社でありました。

他社でもそんなことはよくある話で、つい先日、他社商品でポケットの位置が左右不対象でかなりひどい商品を取引先との商談中に見つけて笑ってました。(笑)


これらはアパレルあるあるです。


また、アパレルの嫌なところは全体的に給料が低いことですね。

特に大手アパレルの販売員は使い捨て感が満載のため、もうひどいぐらいの給料です。

ほんと、夢も希望もありません。


なので販売員より営業や本社勤務の仕事を私はおすすめするのですが、営業といえど販売員よりはマシですが給料は低めです。

これはアパレル業界全体の問題であり、ほんと嫌になりますね。



そして最後の嫌なところは「社長」です。

結構な割合でブラックとまではいきませんが、かなり個性的な社長が多いのがアパレルなんですね。


うちの社長は見た目がめちゃヤバいんだよな。
まるで闇金の取り立て屋みたいな、いかつい風貌で嫌になっちゃうよ。

こっちゃんも負けてないでしゅよ。

。。。




確かにいかつい社長も多いし、金髪社長もいるし、見た目もとにかくチャラいとか見た目がヤバい社長も多いのですが、考え方もちょっとおかしい人がいます。

中小アパレルになると派手好きな社長が会社の金を私用に使いまくることも多く、中には従業員にパワハラするわ、すぐにクビにするわ、のブラック社長も存在するんです。


ちなみに私はブラックも金遣いが荒い社長の両方を体験済みです。(笑)


まあ金遣いが荒いのは何もアパレル業界だけの話ではなく、他業種の中小企業社長あるあるですが、アパレルは特に派手好きだと感じますね。

実際に事務所をオシャレな場所に移転して内装も派手にしたり、オシャレで高い車を買いまくったり、夜に使いまくったりする社長が多いのはアパレルの特徴です。

IT業界も似ているかもしれませんが。。


あと、昔からそうなんですが、人は使い捨てだと考える風習がいまだに残っています。

ブラック社長は簡単にクビにしようとしますし、販売員に派遣が多い理由はいつでも契約を解除できることですし、ほんと人材を何だと思っているんだ!

と怒りたくなります。。


なぜなのかの詳細は下記記事でご確認ください。


【参考記事】アパレル業界はおかしい!ブラックかよ!理由と対策を現役営業が語る


アパレル業界の厳しさを現役営業マンが教えます!



ここまでアパレル業界の良いところと悪いところの話をさせていただきました。


そしていよいよ、アパレル業界の厳しさを現役営業マンの私がお伝えします!

だから、おめぇの話はもういいよ。。

うんざりでしゅ。




。。。


アパレルの厳しさは、、

あ、無視したでしゅ。

ちっ。。

「がちょ~ん」

。。。



。。。


じゃあ出てくるなよ。。

がちょ~んって言いたかっただけでしゅよ。




私が言いたいのは、アパレル業界の仕事面では特に厳しいところはないと考えています。

もちろん、仕事は楽ではありませんが、それはどこの業界でも同じことなので、アパレル仕事特有の厳しさは特にありませんね。

先ほど言った女性の立場が強いとか給料が低いとかブラック社長が多いということはありますが、それは「厳しさ」というより「問題」になります。



ただ、ここで話が終われば意味がないので、ちょっと見方を変えた「アパレル業界の厳しさ」の話をさせていただきますね。


それは、アパレル業界のビジネスモデルの厳しさです。


アパレル業界は昨今、モノマネの安売り合戦に疲弊しております。

つまり、他社の売れている商品をパクって、他社よりも安く生産して販売することです。


なぜそんなことをするのかと言いますと、楽で稼げるからです。

苦労して企画するより他社の売れているものをパクったほうが効率が良いですし、安く作れば他社へ売り込みやすいですからね。


ただ、詳細は下記記事でご確認いただきたいのですが、今は量が売れなくなったので、パクリの安売りが通用しなくなったんです。


【参考記事】ファッション業界の現状と問題・課題は3つ!解決策と未来がないビジネス?



結果、会社の利益は激減し、従業員の給料は安いまま、アパレルは斜陽産業で先が不安な業界だと思われるようになってしまったんですね。


なので、アパレル業界の厳しさを知った時に、あなたは将来に対して不安になることが今後、必ず一度は出てきます。

私なんか一度どころか、二度三度、五度ぐらいありましたが。(笑)



でも大丈夫です!

アパレル業界の将来が暗いことはありませんし、決してアパレル業界は斜陽産業ではありません!!


現に私はアパレルを二度去りましたが、結局戻ってきましたし、それなりに楽しく仕事をしています。


私は仕事で一番大事なことは、その仕事に情熱を持てるかだと思っているんです。

あ、もちろんお金も大事ですし、私もお金は大好きです。(笑)


ただ、例えやりたくもない仕事でお金を稼いだところで空しいだけです。


私はアパレル業界でダメ営業マンからスタートして数々の失敗や情けない話も多く、死にそうになったこともあります。

会社から逃げるように辞めたこともありますし、今でも不甲斐ない自分がたまに顔を出しますが、唯一、

今までやりたいことをやってきた



これだけは誇ることができますし、今の自分には満足しています。


偉そうに言っているわけではありませんが、人生は一度きりなので、やりたいことをしたほうがいいと思っているんですね。


今あなたがアパレル業界で働きたいのであれば、是非とも私のいるアパレル業界で働いてほしい!と私は心底願っています。

服が好き、アパレルが好きなのであれば、アパレル業界で働かないとたぶん後で後悔するかもしれません。


斜陽産業?

給料が低い?


そんなの関係ありません!

あなたに情熱があれば、きっと覆すことができますし、できると私は断言します!


あなたをアパレル業界で待っていますよ!!

きっと楽しいですから!


アパレルは未経験だと受からない?受かる方法を現役アパレルマンが教えます

➡【公式サイト】アパレル就職ならマイナビエージェント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA